NSC New Star Creation New School Creativity

新着情報

1年間の集大成となる卒業イベント『NSC大ライブOSAKA 2021』!予選ブロック前半戦のライブレポート

2021.02.23

2月19日(金)、『NSC大ライブOSAKA 2021』の予選が大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールにて開催されました。

 

NSC開校以来初のオンライン開催となった今年は、大阪43期生に加え、名古屋2期生と福岡3期生からも6組が参戦。総勢137組の現役生たちが12ブロックに分かれて渾身の1分ネタで予選を戦いました。

 

まずは前半ブロックの模様をお届けします!

 

 

MCはエンペラー!

 

予選MCを務めたのは「第40回ABCお笑いグランプリ」優勝など、若手実力派のお笑いコンビ・エンペラー。

オープニングで登場したエンペラーは、客席で見守る出演者から拍手と声援で迎えられると、「先輩やから。ウェーイとかやめたほうがいいよ」と安田が注意してさっそく笑いを誘います。

 

予選では、視聴者投票によって各ブロックから1組だけが決勝へ進出。勝ち上がった12組が審査員7名による判定で決勝トーナメントを戦い、優勝者を決めます。

「優勝したら翌月のスケジュールが埋まる!」と安井が煽ると客席からも歓声が上がります。いざ前半ブロックの1分ネタがスタート!

 

 

Aブロック

 

トップバッターのひばりは“名前だけで職業などが分かる”という漫才で先陣を切りました。穴熊は『吾輩は猫である』の作者が夏目漱石ではなく“トルネードたくあん博士”である、というワードでじわじわ攻めると、アナウンサーの最終面接というコントを披露した神崎は、滑舌は悪いが人柄の良さだけで残ったアナウンサーを登場させ、笑いを起こしました。

 

また、陸上選手モノマネを一発ギャグで落とすローズ、“童謡で通学路あるあるを唄う”たこ珍味など1分ならではの漫才が続き、あっという間に12組のネタが終了。

MCトークで安井は「ライバルたちが見守るなかでもウケてる」と驚きを隠せない様子でした。

 

 

Bブロック

 

「チョコくれ!」と魂の叫びのような葵岳の漫才でスタートしたBブロックは、男鰤男の“パチンコものまね”でピークを迎えます。人魚に扮した男鰤男が魚群でリーチを演出すると会場から拍手笑いが。「定時制高校について話していきたいんですけども…」と漫談を披露してくれた鈴木一馬とともにピン芸の爆発力が光りました。

 

12組のネタが終わり、投票タイムに移ります。「めちゃくちゃウケてた。舞台袖のスタッフも」と入ってきたエンペラーは、男女コンビ・乱ニバルの相方がポケットに財布を入れたまま漫才していたことに、「同期や!信用ならんか?」と声を荒げながらツッコむ一幕も。場内は大きな笑いに包まれました。

 

 

Cブロック

 

“二段心理テスト”という頭脳パンチの漫才や、竹中海平の“大道芸のジャグリングで次々とヤジが飛んでくる”という設定の一人コントなど、趣向を凝らしたネタで勝負する組もあれば、“CAさんになりたい”漫才のガナンドや“相方からの容姿イジりに対し「逆やろ!」と更に自虐していく漫才の斎藤中野、“すぐ泣く女”しゃべくり漫才を披露した女性コンビ・紫式部など相方の容姿の特徴を活かしたキャッチーなネタで勝負する組もあり、まさに実力派同士のせめぎ合い!

 

ここで会場は10分間の換気休憩に入りました。

 

 

Dブロック

 

休憩明けのDブロックでは、“髪の毛を気持ちを体現した”フウセンカズラの漫才、ハイライトの“看病にきた友人のほうが重症”という設定のコント、りゅうけんの“自転車事故の親父”という強烈なキャラを演じた一人コント、カイドウが披露した“男とタコの恋愛映画”という漫才など、個性派揃いの12組となりました!

 

エンペラーの2人は、電動小道具を使った武器対決コントで笑いを掻っさらったマニピュレートについて「本番前に念入りに動作確認してた」と舞台袖の様子についても触れながら、ネタを飛ばすことなく堂々とネタをやりきる現役生たちに感心しきりの様子でした。

 

 

Eブロック

 

ならずものの“相方にモラルを迫り、ツッコミを踏みとどまらせる”漫才、絶妙なタッチの似顔絵で卒業証書授与のシーンを再現した山脇蒼志、“20年間山ごもりする人のインタビュー取材”というコントの天然温泉など、練りに練られたネタを披露するなか、例えば炎が“オーバーリアクション”漫才で場内を沸かせました。

 

エンペラーは、ああデカパゴス携帯が名古屋からの参戦組であることを紹介しつつ、ならずもののツッコミに対し、にしやまが「(自分も)太ってたので…」と親近感を口にする一幕も。

 

 

Fブロック

 

前半ラストのFブロックでは、清川雄司がハーモニカを吹きながら切り絵するピン芸を披露。“誕生のお手紙を相手の目の前でいま書く”という海鹿のコントや、人が変わったシンデレラを漫才にしたギミック、大ライブ2013優勝のゆりやんレトリィバァを彷彿とさせる中毒性の高い漫談を披露した、やました。独自の世界観で会場を魅了しました。

 

「達者なひとが多かった」と感想を漏らすエンペラーはNSCあるあるとして、「ピン芸人が多い。卒業後コンビになる」と語る一方で、Re:ナードなど男女コンビの多さに驚きの様子。

 

こうして前半ブロック全組のネタが終了。換気休憩を挟み、後半戦に差し掛かります!

 

 

 

【NSC大ライブ大阪2021見逃し視聴が出来る配信チケットも発売中!】

2月22日(月)12:00から3月5日(金)19:00まで見逃し視聴ができる配信チケットは「オンラインチケットよしもと」にて!

NSC大阪43期生らの白熱した戦いをお見逃しなく!

https://online-ticket.yoshimoto.co.jp/products/nsc%E5%A4%A7%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96osaka2021-2-19-12-30?_pos=1&_sid=63312ca15&_ss=r

 

 

著者:YWAW 亀田遼一

NSCのことがもっとわかる!

入学希望の方はこちら

※出願は郵送でも可能。詳しくは入学案内をご覧ください。

吉本興業株式会社
Copyright (C) YOSHIMOTO KOGYO. All Rights Reserved.