NSC New Star Creation New School Creativity

  • 東京校
  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • youtube
  • 大阪校
  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • youtube

新着情報

【7月1部舞台レポート】NSC44期現役生ネタライブ『RUSH』

2021.08.03

 

 

今回、よしもとクリエイティブアカデミー

ライブプロデューサーコースの 山口日菜乃  さん

YCA大阪脚本家コースの 立岡桃 さん

がライブレポートを書いてくださいました!!

 

よしもとクリエイティブアカデミーでは、

ライターコースや映像クリエイターコースなど様々分野に分かれ

専門的に学ぶことができます!!!

 

よしもとクリエイティブアカデミーは

2022年度入学生募集中🌸

YCAのHPはこちら🌈

 

 

 

 

NSC大阪現役生ネタライブ『RUSH』が開催!

 

 

 

7月26日(月)、NSC大阪の現役生(44期)によるネタライブ

『RUSH』1部が、よしもと漫才劇場にて開催されました。

連休明けのお昼開催にも関わらず、会場はほぼ満席。

現役生の中から厳選された総勢36組が4ブロック9組に分かれ、

2分間のネタを多くのお客さんに披露しました。

 

MCはマルセイユ!

 

MCは『第7回関西演芸しゃべくり話芸大賞』で優勝も果たしている

結成8年目のお笑いコンビ、

マルセイユ(別府貴之、津田康平)が務めました。

 

 

客席のお客さんとの掛け合いつつ

「休み時間に友達とわいわいする感じで気楽に観てください」

と場内が和んだところでいよいよイベントがスタート。

 

フレッシュなネタでスタート!

 

Aブロック目:ハイクラウン/シュモクザメ/171/急行アルデンテ/ヤッス31

エニフルール/万能アレンジ/こたつ/ナダレ式

 

 

 

 

本日のイベントでトップバッターを務めた男女コンビのハイクラウンは

”彼女と料理がしたい“という題材でハイテンションに

アップテンポな漫才で笑いを取り、

会場の空気を十分にあたためてくれました。

 

急行アルデンテは、”転校した学校の校歌“でいろんなパターンを

聴きたくさせるコントを披露していました。

 

女性トリオのナダレ式は、”料理番組“が始まったと思ったら

両サイドの止まらないボケに止まらないツッコミが繰り広げられ、

たくさんの笑いを誘いました。

 

 

熱冷めやらぬままBブロックへ!

 

 

個性的なキャラクターが炸裂!

 

Bブロック目:アルファ米/シャロン/リコカムイ/四中/フクオカイザーZ

       大坂ムセン/阿保リック/アンフィールド/ともこ

 

 

 

 

  色鮮やかなフリップに対し、

ツッコミを入れていくスタイルのフクオカイザーZは、

右肩上がりに笑いが大きくなっていきました。

 

女性コンビの阿保リックは

コンビ同士の立ち位置が展開ごとに変わっていき、

王道の中に新鮮さを感じさせる漫才を披露。

 

独特の間を使いゆったりとした漫才で

客席からじわじわと笑いを引き出していったともこ、

ネタが終わるころには会場はすっかりともこの虜になっていました。

 

一組一組の個性が強いブロックにマルセイユも思わず

「キャラの濃いブロックでしたね」とコメント。

 

 

ここで会場は10分間の喚起休憩を挟んで、

後半戦のCブロックが始まります。

 

 

勢いは止まることなく後半戦へ!

 

Cブロック:セキララ/キンツル/やばいおとな/ジェノヴァ/もものみ

文句/マッカラン/はらから/彼岸花

 

 

 

 

 

 

女性コンビのセキララは言い回しが珍しい例えを連発、

本日の出演者では唯一の女性ピンのもものみは、

癖になるリズムとフレーズに予想の出来ない展開で

会場を不思議な空気に包みました。

 

“転校する友人に掛ける言葉”から

まさかの展開へ発展するコントを披露した文句、

 

彼岸花は“便座の上を走りたい”という独創的な提案から

繰り広げられるコント漫才で会場を大いに沸かせました。

 

MCトークでは、津田がもものみについて

「ビリー・アイリッシュを見たときに近いものを感じた。」と、

現役生らしい新世代のネタに驚いた様子。

 

会場のボルテージは上がったまま、最後のDブロックへ繋ぎます。

 

 

Dブロック:ゲンチガッチ/銀矢倉/ペルシャ/姫田聡太/フク・フクダ

             メランコロン/黄金鯨/ナックラー/低反発シュナウザー

 

 

 

 

“埋蔵金を掘り当てたい”という設定で漫才を披露した銀矢倉は、

ねっとりとした独特な話し方と突拍子のない展開で客席を魅了しました。

 

男女コンビのメランコロンは、

“ロードバイクが盗まれた”から展開されていく負の連鎖が止まらず、

展開が進む度に笑いが起きました。

 

ナックラーは“新婚生活”とい王道な設定に対して、

目新しい動きあるコント漫才を披露。

 

本日のイベントでトリを飾った低反発シュナウザーは、

“口が堅いかどうか”についてテンポのいいしゃべくり漫才を繰り広げ、

会場を笑いの渦で包みました。

 

 

 

エンディングトークでは、各ブロックから選ばれた

4組(ハイクラウン、アンフィールド、文句、ナックラー)が再び登場。

 

MCが各コンビの結成秘話やアピールポイントなどを質問。

堂々とボケては会場を沸かせます。

 

第二回目となったNSC44期現役生ネタライブ

『RUSH』は多いな盛り上がりの中終演しました。

 

 

終演後、NSC大阪の公式Twitterにて、

作家票と社員票による順位が発表されました。

 

 

1位ハイクラウン

2位ナダレ式

3位四中(同率)

3位ともこ(同率)

3位彼岸花(同率)

 

 

上位5組は、8月に開催される『RUSH』への出場が決定です!

 

 

NSC大阪の最新情報をチェックしたい方は、

公式Twitterのフォローを宜しくお願いします!

 

https://twitter.com/nscosaka

 

 

そして次回の公演は、

8月30日(月)、8月31日(火) に開催決定!!

MC滝音!乞うご期待!

 

 

 

 

 

次回公演を劇場で楽しみたい方はこちら↓

https://yoshimoto.funity.jp/kglist/?kw=RUSH

 

 

次回公演を配信で楽しみたい方はこちら↓

https://online-ticket.yoshimoto.co.jp/search?q=RUSH&type=product

 

 

 

 

 

NSCのことがもっとわかる!

入学希望の方はこちら

※出願は郵送でも可能。詳しくは入学案内をご覧ください。

吉本興業株式会社
Copyright (C) YOSHIMOTO KOGYO. All Rights Reserved.